台東区 借金返済 弁護士 司法書士

台東区に住んでいる方が借金返済など、お金の相談するなら?

債務整理の問題

自分一人だけではどうしようもならないのが、債務・借金返済の問題です。
金額がどんどん多くなってしまい、利子を払うので精一杯。
借金返済の問題は、1人で悩んでいても解決は難しいでしょう。
台東区に住んでいる方も、まずはネットの無料相談で、弁護士・司法書士に相談してみませんか?
いきなり事務所で直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、落ち着いて相談できるのではないでしょうか。
もちろん、台東区の方でもOKな法律事務所・法務事務所を紹介しています。
一人で悩むより、まず司法書士や弁護士に相談することが、借金解決への近道です。

借金・債務整理の相談を台東区の方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

台東区の借金返済や債務の悩み相談なら、こちらの事務所がおススメです。
弁護士が対応してくれる、全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円だから、現在の手持ちがなくても安心です。
料金の支払いは、分割払いの対応も可能です。
弁護士への相談料はもちろん無料!
借金取り立てのSTOPも可能です。
個人再生、任意整理、自己破産、過払い金、など、借金に関して相談できます。。
しかも、相談窓口では24時間365日、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(通話料0円)で相談受付してくれるので、お金に困っている方も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、借金問題が相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたに合ったやり方で借金や多重債務の問題を解決していきます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、戻ってきた過払い金から料金を精算できます。
任意整理についても、和解成功報酬や減額報酬などを一切支払わなくてよいため、安く解決が可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性も安心です。
まずは無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

台東区在住の人が借金・債務整理の相談をするなら、コレもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネットでできる借金の診断ツールです。
簡単な3つの質問に答えるだけで、借金を減らすための方法や、毎月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、ちょっと不安。
そんな人にもピッタリです。
しかも、匿名&無料で使えます☆
全国に対応しているサービスなので、台東区在住の方も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名・無料で使える!
  • 全国に対応!
借金問題を解決する第一歩として、無料診断ツール、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断と相談を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



他の台東区近くにある弁護士・司法書士の事務所の紹介

他にも台東区には法律事務所・法務事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●台東協同法律事務所
東京都台東区東上野3丁目37-9 かみちビル 4F
03-3834-5831
http://taito-kyodo.com

●丸山・清水法律事務所
東京都台東区東上野1丁目13-1 田中ビル302
03-5812-4347
http://maruyama-shimizu.mylawyer.jp

●司法書士パートナーズ総合事務所
東京都台東区 東上野3丁目35番5号 鳥海ビル9階
03-3835-8041
http://partners-law.com

●上野総合法律事務所
東京都台東区上野7丁目4-9 細田ビル8階
03-3841-4913
http://ulo.jp

●弁護士法人泉総合法律事務所 上野支店
東京都台東区東上野3丁目24-9 MITAビル5F
03-3837-3055
http://springs-law-ueno.com

●真下法律事務所
東京都台東区東上野1丁目13-15
0120-978-695
http://mashimo.biz

●阿部麻子司法書士事務所
東京都台東区東上野1丁目9-2
03-5807-6821
http://abe-asako.com

●オリーブの樹法律事務所
東京都台東区東上野1丁目20-6 丸幸ビル 3F
03-5807-3101
http://olivetreelawoffice.com

●あすか司法書士事務所
東京都台東区北上野1丁目11-9 GSハイム第5鶯谷 1F
03-6231-6616

●佐藤嘉寅法律事務所
東京都文京区湯島3丁目37-4 ガーベラ天神7階
03-3834-5367
http://tora-lawoffice.com

●SKN総合事務所(司法書士法人)
東京都台東区台東3丁目42-7
03-3839-4488
http://skn.or.jp

●榎本洋一司法書士事務所
東京都台東区東上野5丁目15-1
03-3845-9110

●我妻秀俊司法書士事務所
東京都台東区東上野3丁目10-9 NKDビル 4F
03-5807-2171
http://shigyo-kan.com

●雨宮司法書士事務所
東京都台東区東上野1丁目8-1
03-5818-1088

●ポート法律事務所(弁護士法人)
東京都台東区東上野3丁目35-9 本池田ビル 9F
03-5818-3095
http://law-web.jp

●山口雄一司法書士事務所
東京都台東区東上野1丁目13-10
03-3833-4848

●中井川司法書士事務所
東京都台東区台東1丁目29-3
03-6803-0936
http://nakaigawa.jp

●副島司法書士事務所
東京都台東区東上野2丁目18-7 共同ビル上野 5F
03-5807-1675

●薄井昭法律事務所
東京都台東区東上野2丁目18-7 共同ビル上野 6F
03-3835-1700

台東区にある地元の法律事務所・法務事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気後れせずに相談できる方も多いのではないでしょうか。

多重債務や借金返済、台東区で問題が膨らんだのはなぜ

クレジットカードの分割払いやキャッシング会社などは、尋常ではなく高額な金利が付きます。
15%〜20%も利子を払うことになってしまいます。
住宅ローンの利子は年間0.6%〜4%ほど、マイカーローンの場合も年間1.2%〜5%くらいなので、すごい差です。
そのうえ、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに金利を設定するキャッシング業者だと、なんと利子0.29などの高利な利子を取っていることもあります。
とても高利な利子を払い、そして借金は膨らむばかり。
お金を借りたのは自分の責任なので仕方ないですが、金額が大きくて高利な利子という状況では、なかなか返済は厳しいでしょう。
どのようにして返済すべきか、もうなんにも思いつかないのなら、法務事務所や法律事務所に相談してみてはいかがでしょう。
司法書士や弁護士ならば、借金返済の解決策をきっと見つけてくれるはずです。
長期の返済計画かもしれないですし、過払い金の返還で返済金額が減るのかもしれません。
まずは相談、これが解決するための第一歩です。

台東区/借金の減額請求って?|借金返済

多重債務等で、借入の支払いが困難な状態に陥った時に効果のある手法の1つが、任意整理です。
今の借り入れの状態をもう一度把握し、以前に利息の支払いすぎ等があった場合、それを請求、又は今現在の借金と差引して、さらに現在の借入れにおいて将来の金利を減らして貰えるように相談できるやり方です。
只、借入れしていた元本に関しては、ちゃんと返金をする事がベースとなり、利息が減った分だけ、前より短い期間での返金が基本となってきます。
只、金利を払わなくていいかわり、月毎の返金額は減るのですから、負担は減るというのが通常です。
只、借金している貸金業者がこのこれからの利子に関する減額請求に対処してくれない時、任意整理はきっと出来ません。
弁護士の先生等の精通している方に依頼すれば、間違いなく減額請求が通ると考える方もいるかもわからないが、対応は業者によって様々で、対応しない業者も有るのです。
只、減額請求に対応してくれない業者はもの凄く少数です。
なので、現に任意整理を行い、クレジット会社などの金融業者に減額請求を実施するという事で、借入れの悩みがずいぶん無くなると言う人は少なくありません。
実際に任意整理が可能か、どの位、借り入れの払戻が軽くなるかなどは、先ず弁護士の先生にお願いしてみると言う事がお勧めなのです。

台東区|自己破産にはやっぱりリスクがある?/借金返済

はっきり言えば世の中で言われているほど自己破産のリスクは多くないのです。マイホームや土地や高価な車等高値の物は処分されるが、生活していく中で要る物は処分されないです。
また20万円以下の貯金は持っていて大丈夫です。それと当面数カ月分の生活に必要な費用が百万未満ならば持っていかれることはないです。
官報に破産者のリストとして載りますがこれもわずかな方しか見てないのです。
又いわゆるブラックリストに掲載され7年間程度の間ローンもしくはキャッシングが使用出来ない情況となるのですが、これは仕方の無いことでしょう。
あと決められた職種に就けない事も有るのです。けれどこれもごく一定の限られた範囲の職種なのです。
したがって債務超過で返済することの出来ない借金を抱え込んでいるなら自己破産を行うというのも1つの手口でしょう。自己破産を行った場合これまでの借金が全て無くなり、新たに人生を始めるという事で長所の方がより大きいと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として税理士、公認会計士、弁護士、司法書士などの資格はなくなります。私法上の資格制限として遺言執行者や後見人や保証人にもなれないのです。又会社の取締役などにもなれません。しかしながらこれらのリスクはほぼ関係無い場合が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きなものではないはずです。

関連するページ